サポート

用語集 用語集

あ行

相手のターン
自分が非手番プレイヤーのときを相手のターンと呼びます。
アクション
自分のバトルエリアにいるアクティブ状態のカードをレスト状態にし、騎士カードのスキルを使用すること。
アクティブ状態
騎士カードが縦向きの状態のことをアクティブ状態(未行動)と呼びます。
カードの持つ色。カードの枠の色で区別され、「」「」「」「」「」の5種類と色を持たない「無色」があります。
アーサータイプ
カードの持つアーサータイプです。「傭兵」「富豪」「盗賊」「歌姫」の4種類とどれにも属さない「共通」があります。「共通」は「傭兵」でも「富豪」でも「盗賊」でも「歌姫」でもありません。
アーサータイプ限定(〇〇限定)
リーダーカードが指定されたアーサータイプのカードでないなら、デッキに入れることができません。
アタックステップ
手番プレイヤーがバトルエリアの騎士カードでアクションを行います。
歌姫
アーサータイプの種類の一つ。
エンドフェイズ
バトルフェイズが終わったあとに行われるフェイズです。リフレッシュステップから始めて、クリーンステップへと続きます。クリーンステップが終わると、ターンは終了となります。

か行

〇〇点回復する
〇〇点の数値だけ自分のHPを増やします。
〇〇のカード
〇〇のカードを表します。
カード名称
カードの名前です。カード名称の最後にある()の名称は、ゲーム中には使用しません。
カードを〇〇枚引く
自分のデッキの上からカードを〇〇枚手札に加えることです。指定された枚数を手札に加えられない場合、カードを引くことはできません。
乖離進化
〔乖離進化〕を持つ進化後カードは、(通常の進化カードと同じように)進化元カード名称が進化元カードのカード名称と同じものに進化させることができます。
〔乖離進化〕を持つ進化後カードは、進化元カード名称が進化後カードの進化元カード名称と同じものにも進化させることができます。またその進化後カードは、進化状態であってもその上に進化させることができる。ただし、同じカード名称のカードに進化させることはできません。
乖離進化状態
進化状態の一種です。進化元のカード上に〔乖離進化〕の進化後のカードが重なっていることです。バトルエリアに出すときは進化状態コストを参照します。
回復
スキルの種類の1つ。スキル値分、自分のリーダーのHPを回復します。
騎士カード
対戦相手の騎士カードと戦い、相手のリーダーカードへ攻撃を仕掛けたり、自分のリーダーカードを守ったりするカードです。
起動能力
条件を満たしたとき、効果の発動を選択できる能力です。特に記述がない場合、1ターンに一度しか発動できません。
限定条件
指定されているリーダーカードでなければデッキに入れることはできません。
コスト
騎士カードをバトルエリアに出すために必要です。自分のリーダーカードとチェイン置き場にあるカードの合計枚数がコストとなります。
カウンターステップ
非手番プレイヤーがバトルエリアの騎士カードでアクションを行います。
クリーンステップ
手番のみ手札が7枚以上あるなら6枚になるように手札を捨て札にします。
お互いはチェイン置き場のカードが10枚以上あるなら、9枚になるように捨て札にします。
スキル値と守備値の増減が終了します。
軽減する
相手からのダメージを減らすことです。値が指定されていないときは、そのダメージを全て軽減して0にします。値が指定されているときは、その値だけダメージを減らすことができます。
攻撃
スキルの種類の1つ。スキル値分、相手のリーダーのHPにダメージを与えます。

さ行

スタートフェイズ
ターンの始めに行われるフェイズです。ドローステップから始めて、チャージステップへと続きます。
〇〇のスキル
〇〇のスキルを持つカード表します。スキルには「攻撃」「回復」「支援」「妨害」の4種類があります。
自動能力
条件を満たすことで効果が自動的に発動する能力です。特に記述がない場合、1ターンに一度しか発動しません。
シャッフル
カードの順番を表を見ずに無作為に変更すること。
守備値
カードの持つ守備の値です。ブロックしたときに参照します。
常駐能力
常に効果が有効な能力です。
進化
進化後カードの進化元カード名称と同じ名前の進化元のカードの上に進化後のカードを重ねることです。進化は同じターンに複数回行うことができます。進化元のテキストは消えてしまいます。カード名称の最後にある()の名称は、ゲーム中には使用しませんので、()のないカードから()のあるカードに進化することもできます。
進化状態
進化元のカード上に進化後のカードが重なっていることです。バトルエリアに出すときは進化状態コストを参照します。進化状態のカードは、下に重ねられているカードと上に重ねているカードを合わせて1枚のカードとして扱います。進化状態のカードは進化させることができません。
進化状態コスト
進化しているときに参照するコストです。バトルエリアに出すときは進化状態コストを参照します。
進化元カード
進化元カード名称を持たないカードです。
進化元カード名称
進化元のカードの名前です。
進化後カード
進化元カード名称を持つカードです。
スキル
騎士が持つアクションの種類。「攻撃」「回復」「支援」「妨害」の4種類あります。
スキル値
カードの持つスキルの値です。アクションしたときに参照します。
捨て札にする
カードを捨て札置き場に移すことです。
捨て札置き場
使い終わったカードを、表向きに重ねて置きます。
セカンドステップ
手札の騎士カードをバトルエリアに出すことができるステップ。ファーストステップで「選んだ1色」と異なる色のカードをコストの上限値まで好きな組み合わせで複数枚出すことができます。
自分のターン
自分が手番プレイヤーのときを自分のターンと呼びます。
支援
スキルの種類の1つ。スキル値分、自分のバトルエリアのカード1枚のスキル値と守備値を上昇させます。マイナスの数値に支援をした場合、その数値から加算します。

た行

〇〇点ダメージを与える
〇〇点の数値だけ相手のHPを減らします。
チェイン置き場
騎士カードをバトルエリアに出す際に参照する場所です。チェイン置き場の上限枚数は9枚です。チェイン置き場の調整はクリーンステップに行います。
チェイン置き場の調整
クリーンステップでチェイン置き場にカードが10枚以上のとき、9枚になるように捨て札にします。
テキスト
カードが持つ能力です。
テキストコスト
能力を使用する為にコストが必要であることを表します。チェイン置き場にある指定されている色のカードを指定されている数だけ裏向きにすることで効果を発動できます。色が指定されていない場合、どの色の組合せでも支払うことができます。
デッキ
ミリオンアーサーTCGで遊ぶために用意するカードの束のことです。デッキは騎士カード40枚で構成します。デッキには同じカード番号のカードは3枚までしか入れることができません。また、バーストアイコンを持つカードを15枚ちょうど入れる必要があります。
デッキバースト
「攻撃」のアクションをされた側が自分のデッキの上のカード1枚をバーストエリアに表向きで置くことです。そのカードにバーストアイコンがあるなら、その効果を発動します。置かれたカードは捨て札にします。
手札
対戦相手から表面が見えないように手に持ち、自分のみ内容を確認できます。
手札の調整
クリーンステップで手札が7枚以上のとき、6枚になるように捨て札にすることです。
特徴
カードが持つ特徴を表します。
デッキ置き場
ゲームで使用するデッキを置く場所です。カードはすべて裏向きで置き、勝手に表を見たり順番を変えたりすることはできません。
盗賊
アーサータイプの種類の一つ。
ドローステップ
手番プレイヤーがデッキの上からカードを1枚引きます。
チャージステップ
お互いのプレイヤーがデッキの上からベースエリアに騎士カードが3枚になるように表向きで置きます。置くときは1枚ずつカードを置きます。
チェインステップ
お互いにバトルエリアのカード1枚を表向きでチェイン置き場に移し、その他のカードはすべて捨て札にします。このとき、バトルエリアにカードがなければベースエリアにあるカード1枚をチェイン置き場に移すことができます。また、進化状態のカードを移すときは、重なっているカードのどちらかをチェイン置き場に移します。
デッキリフレッシュ
デッキが0枚になったとき、自分の捨て札置き場にある全てのカードをデッキに戻し、シャッフルしてデッキ置き場に置きます。デッキバーストでデッキが0枚になったときは、バーストエリアに置かれたカードが捨て札になる前に捨て札置き場のカードをデッキに戻します。

は行

ベースエリアとバトルエリアを合わせて「場」と呼びます。
バーストアイコン
このアイコンを持つカードがデッキバーストで表になるとその効果が発動します。バーストアイコンを持つカードはデッキに15枚ちょうど入れなければいけません。
バーストテキスト
デッキバーストの際に発動する能力です。
バトルエリア
バトルを行うカードを出す場所です。
バトルエリアに出せるカードコスト
自分のリーダーカードとチェイン置き場にあるカードの合計枚数です。
バトルフェイズ
スタートフェイズが終わったあとに行われるフェイズです。ファーストステップから始めて、セカンドステップ、アタックステップ、カウンターステップ、チェインステップと続きます。
HP
リーダーが持つHP。0になるとゲームに敗北します。
ファーストステップ
ベースエリアの騎士カードをバトルエリアに出すことができるステップ。「選んだ1色」のカードのみ出すことができます。
富豪
アーサータイプの種類の一つ。
±〇〇/±〇〇
スキル値と守備値に〇〇が加算または減算されます。
プレイヤー
対戦を行っている人たち。ターンを受け持つプレイヤーを手番プレイヤー、そうでないプレイヤーは非手番プレイヤーと呼びます。
ブロック
「攻撃」のアクションをされたプレイヤーが、バトルエリアにいる自分の騎士カードを任意の枚数レスト状態にすることです。レスト状態にした全ての騎士カードの守備値の合計値分、相手の「攻撃」のアクションをしたカードから与えられるダメージを減らすことができます。相手の「回復」「支援」「妨害」はブロックできません。
ベースエリア
騎士カードを表向きでおいて置く場所です。毎ターン3枚になるようカードを置きます。ベースエリアに置かれるカードは表向きで置きます。
バーストエリア
デッキバーストを行う際にカードを置く場所です。置かれたカードがバーストテキストを持つ場合、その効果を発動します。その後、置かれたカードを捨て札置き場に移します。
妨害
スキルの種類の1つ。スキル値分、相手のバトルエリアのカード1枚のスキル値と守備値を減少させます。スキル値または守備値が0以下になったときはマイナスの数値として扱います。

や行

傭兵
アーサータイプの種類の一つ。

ら行

リーダーエリア
自分のリーダーカードを置く場所です。ゲームをはじめるまではお互いに裏向きで置いておきます。
リーダーカード
デッキ構築時に1枚選び、リーダーエリアに出しておくカード。記載されたHPが0になったプレイヤーはゲームに敗北します。
レスト状態
騎士カードが横向きの状態のことをレスト状態(行動済み)と呼びます。
リフレッシュステップ
お互いにベースエリアのカードを任意の枚数捨て札にすることができます。

メニュー